内科検診をうける時に知っておきたい基礎知識

バリウム検査とは

人間ドックにおける胃バリウム検査は、様々な病気を発見することができます

人間ドックでは病気の早期発見を目的としていますが、胃の検査については胃バリウム検査が一般的に行われています。この検査によって、胃のかたちや粘膜の様子が予測できるので、胃腫瘍や胃潰瘍、胃憩室などの病気の可能性を知ることができます。また、食道の異常を見つけられる場合もあり、健康な人が病気のスクリーニングを行う上で適した検査です。 しかし、人間ドックにおける胃バリウム検査は確定診断ではありません。なぜなら、粘膜の様子をみてみなければ病気かどうかを判断することは難しいからです。そのため、人間ドックの胃バリウム検査で異常を指摘された場合には、消化器科のクリニックや病院などで、胃内視鏡検査などを受ける必要があります。

胃の検査において、胃内視鏡検査というものもあります

一方、人間ドックにおける胃の検査では、胃バリウム検査の他に胃内視鏡検査を実施しているところもあります。胃バリウム検査とは違い、粘膜の様子を確認することができるので、異常を指摘された場合にはその病気である可能性が高いです。 また、胃内視鏡検査では胃だけではなく、食道や十二指腸も観察することが可能なので、胃バリウム検査よりも広範囲にわたり観察が可能な場合もあります。 しかし、胃バリウム検査とは違って胃の全体のかたちや構造を知ることは難しい検査である上、部位によっては内視鏡で見えにくい場所もあります。また、腫瘍がみつかった場合には、肉眼だけではなく生検といって組織を採取する必要があるため、すぐに判断できない場合もあります。